POTATO SALADA VACATION

ポテトサラダ レコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ミッシング箱庭best発売記念 サイケデリック武勇伝 大柴陽介物語 0606@dommune

2016/06/06(月) dommune
http://www.dommune.com/reserve/2016/0606/#p2
●21:00~24:00 デーモンズpresents「ミッシング箱庭best発売記念 サイケデリック武勇伝 大柴陽介物語」
出演:(ライブ)ミッシングいろり箱庭、ハズレッシヴ、 ねたのよい、デーモンズ
(トーク)穂高亜希子、木村千秋(ミッシング箱庭)、
山辺圭司(los apson?)、無善法師(無力無善寺)、小川てつオ、スッパマイクロパンチョップ
(司会)川染喜弘、狩生健志(俺はこんなもんじゃない)、佐藤宗盛(デーモンズ)

2000年の前後、露骨キットの吉祥寺東風、西新宿ロスアプソン、夜ごとの高円寺無力無善寺から高円寺円盤、日本ロックフェスティバルなどを中心に、俺はこんなもんじゃない、カニバリズムガンジーバンド、メンピス、ハズレッシヴ、相澤純一郎(hizumi)、ツポールヌ、藤井洋平、我々、デーモンズなどなどロックバンドから弾き語り、エレクトロニカなどなど、何が出自で何処から来たのかわからないアーチストから自称アーチストまで多くの物事が、ほぼ謎のまま蠢いていた。それらから約10年、その多くは未だ謎ではあるが、またその多くは現在の東京インディーズの源流となったことは見逃された事実である。本年4月、そのほぼ中心にいた大柴陽介(2014年没)率いるミッシング箱庭の短くも濃厚 な活動を編んだ ベ ストアルバムが発売され、また6月には彼に焦点を当てた450頁に及ぶ大労作書籍「RETURN OF サイケデリック武勇伝 大柴陽介物語」が自主刊行される。本DOMMUNE番組では上記の当時の関係者を招きライブを交えながらその謎を解き明かしていく。


画像は大柴陽介本【RETURN OF サイケデリック武勇伝 大柴陽介物語】表紙

スポンサーサイト
  1. 2016/05/29(日) 20:07:30|
  2. release info
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<デーモンズ live info 0616@幡ヶ谷forest limit | ホーム | aizawonder's HIZUMI LP "Please Kill Me" new released>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://potatosaladarecords.blog84.fc2.com/tb.php/401-804b2afd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。